ブログネタ
日経225先物・オプション取引 に参加中!
先物や為替って怖いイメージがあるよね。
何で怖いイメージがあるのか?
それはね、よく解ってないから怖いのだと思う。
仕組みを理解して、リスクをしっかりと把握していれば、問題無しですよ。

って事で、私が解っている範囲で説明します。
(間違っている事もあるので、詳しくは証券会社等に確認してください)




株ログ
ごとうち君お勧めの御当地名産品

先ず始めに、上場企業が沢山あるなか、日経225先物は一つしかない事。
上場企業を売買するなら、個別での色々な情報やテクニカル等を1銘柄ずつ調べなくてはなりません。
その点、先物の場合は市場を左右しそうな、市場全体の大きな情報を収集するくらいで良い。
また、倒産する事も無く、流動性もあり現物株と違い差金も無く、何度も繰り返しトレード出来るのだ。
そして、売りからでも買いからでも、どちらからでも売買が出来るのである。
1ティック抜きのデイトレーダーでも、十分に勝機のある市場なのである。


さて、先物の簡単な説明です。

先物は、株と違い1単位1枚で計算する。
1枚の単元数は1000株単位なのである。。
だから、日経14000円なら、14000円×1000株=1400万円が1枚と言うことになる。

でも、この1枚を売買するのに、1400万も要らないのだ。
必要証拠金が、今は65万くらいで出来るのだ。
この必要証拠金は、簡単な話が大証が毎月一回、過去一定期間での価格変動を元に計算して算出してるんだって。
だから、60万そこそこで1枚1400万ものお金を動かせるのだから、レバレッジ効果は株と違い絶大だ。


売りからでも買いからでも、どちらからでも入れるから、どんな地合でも利が出せる。
株式の場合は、色々制限があって空売り出来ない場合もあるし、委託保証金UPなんて事で信用で買えなかったりする事があるが、先物には売り禁とか委託保証金UPとかは無いのである。

先物の歩み値は10円単位で上下するから、1枚買って1ティック(10円)上がれば1万円の利益になるのである。

14000円×1000株=1400万
14010円×1000株=1401万

だが、手数料がちょいと株と違う。
だいたいどこも1枚の売買手数料が2000円。
3枚買えば約6000円。10万買えば2万円って手数料になる。
株は、1注文に対しての手数料だが、先物225は1枚幾らなのである。
しかし、手数料が高くても、10円(1枚1万)単位で動くので、1ティック抜けば8000円のプラス(税金は計算してません)と言う事だ。
大体の証券会社は、その日のうちに日計り決算すると、反対売買が無料な所が多いのである。
すなわち、デイトレなら片道手数料だけでOKなのである。

購入 14000円×1枚+2000円(手数料)=1400万2千円
売却 14010円×1枚(日計り取引は決済手数料が無料の所が多い)=1401万

1401万−1400万2千円=8千円の儲け

保証金65万前後で
買いポジションで、先物が100円上がれば約10万の儲け。
逆に売りポジションで、100円上がれば−10万の損。

一見、20%前後の資産の値動きでハイリスクハイリターン風味である。

ココでリスクを最小限に抑える事を考えておく。
第一に余剰金を必ず半分は確保しておく事。
駄目だと思った時は、無理せずに素早く損切り。

後は普通の株式市場と、さほど変わった所はない。

私も、先物口座を開いてトレードしているのだが、すんごく面白い。
私の投資方法が先物でも使えるようなら、株式を中期銘柄に変えて先物を主にトレードしようかと考えています。
銘柄研究の時間をあまり取れない兼業トレーダーやデイトレーダーには、絶好のトレード市場です。



資料請求は↓からどうぞ


トレイダーズ証券株式会社 (先物手数料は1785円)





松井証券(先物手数料は525円)
反対売買の時も525円必要




Eトレード証券(先物手数料1900円)
デイ・トレードの場合、反対売買の手数料は無料


2006/6/28 執筆


株式デイトレード ブログランキングへ

GMOクリック証券 私のメイン証券会社です。
FXトレーディングシステムズ  FXするならココ!